スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽住都先生の原画展に行ってきました

  treeのコピー

何年前でしょうか,乙一さんの「さみしさの周波数」を読んだとき,表紙をめくったところにある一枚の絵に釘づけになりました.「フィルムのなかの少女」というタイトルの絵.

釘づけになったところは少女の足の指と背景に小さくある自転車に乗る人物の2点.

何かが伝わってきました.絵が上手だとかいう次元ではないメッセージ力です.

「誰が描いたのだろう」 と見ると 羽住都 とありました.ネットで検索して先生のブログにたどり着きました.

「どうやって描いているのだろう」ぼかしや微妙な色遣いが尋常じゃない.

そんなとき先生のブログに「原画展開催」のお知らせが載っていました.

20111123日,念願の原画を拝見することができました.

肉眼で見る原画はブログや印刷で拝見するものよりはるかに迫力がありました.

本物を見ることはそれだけで価値があります.

私は,人物はほとんど描きませんが,ランドスケープの絵を描く上でも先生の原画は大いに刺激になりました.

そして,羽住都先生ご本人にもお会いすることができました.



関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール/Profile

小川総一郎 / Soichiro Ogawa

Author:小川総一郎 / Soichiro Ogawa
エコロジカル・ランドスケープの世界へようこそ!

水彩画は,毎月第一土曜日に更新します。

小川総一郎の本/Publications by Soichiro
【児童書】ふたつの国の物語-土木のおはなし- 2014.3 理工図書// 何不自由なく暮らしていたシブの国にも悩みがありました。若者の土木離れです。そんな時アトの国からたくさんの若者がやってきて言いました。 「私たちに土木を手伝させてください」と。 これは大助かりです。ところが……。
ふたつの国の物語 
エコロジカル・ランドスケープというデザイン手法 
景観デザイン
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はこちらから/Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Special Links
検索フォーム
リンク/Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。