スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコロジカル・プランニングの師匠 Ian L. McHarg

Ian+L+McHarg.jpg 

1981年ころ 授業中に描いたIan               Ian L. McHarg  19202001

古いスケッチブックを開いたらこんな悪戯描きがでてきました.

Ianのエコロジカル・プランニングの講義中に,よくもこんな大胆な絵を描いたものだと思います.クラスメイトが覗き込んで必死に笑いをこらえていたのを思い出しました.あのころは講義中にたばこを吸っていたのですね.銘柄はMarboroだったと思います.

左のワイシャツの裾にいつもハンカチを差しこんでいました.

Ianに出会っていなければ,おそらくランドスケープ・アーキテクトにはなっていなかったでしょう.それくらいカリスマ性のある先生でした.

Design with Natureを読んでも理解できなかったことが,Ianの講義を受けるとエコロジカル・プランニングの理念がよくわかりました.

「自然環境には違いがある.その違いは自然環境がどのようにして成り立ってきたのかを調べればわかる.ただし,いま見えている環境が本来の姿ではない.土地の持っている潜在能力をみなければならない.人は自然環境を利用させてもらうのだから,なるべくその土地に負荷をかけない土地利用をしなければならない.どのような土地利用にすべきかの半分は既にその土地の自然環境が示唆してくれている.それを踏まえて最適解をデザインするのがランドスケープ・アーキテクトだ.土地の潜在能力を無視した空間デザインはどれだけ出来上がった景観が優れたように見えても意味がない.人の勝手なデザインは許されない.Design with Natureとはそういうことだ」というような講義内容でした.

Design with Natureの理念を実際のプロジェクトに反映するのは大変でした.オーバーレイによる潜在能力の把握,土地利用計画のコンセプトの立案,コンセプトを具現化するエスキス,スケッチ,そして最後にプランを描きパネル化します.これを6週間で仕上げて発表します.コンセプト・コンセプトの展開・プレゼンテーションの3段階で評価されます.このあたりは雑誌「土木技術201010月号」に「土木技術者が環境をデザインする価値」といタイトルで寄稿しています.
デザインの結果ではなく,与えられた課題に対して,どのような解決策を立案し,それをどのように具現化し,伝えられるかが試されます.VisionConceptScenarioPresentationVCSPプロセスで展開します.
 VCSPプロセスは,「エコロジカル・ランドスケープというデザイン手法」で解説しています.

 
関連記事

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール/Profile

小川総一郎 / Soichiro Ogawa

Author:小川総一郎 / Soichiro Ogawa
エコロジカル・ランドスケープの世界へようこそ!

水彩画は,毎月第一土曜日に更新します。

小川総一郎の本/Publications by Soichiro
【児童書】ふたつの国の物語-土木のおはなし- 2014.3 理工図書// 何不自由なく暮らしていたシブの国にも悩みがありました。若者の土木離れです。そんな時アトの国からたくさんの若者がやってきて言いました。 「私たちに土木を手伝させてください」と。 これは大助かりです。ところが……。
ふたつの国の物語 
エコロジカル・ランドスケープというデザイン手法 
景観デザイン
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はこちらから/Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Special Links
検索フォーム
リンク/Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。