スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単管パイプで作る薪棚

薪は造園屋さんから街路樹などの剪定材を分けてもらっています。

剪定材は割って2年間乾かさないと薪になりません。

これまで薪ストーブに使う薪を野積みにしていましたが,

野積みにしていると,どうしても一番下に置いた薪が湿ってしまうし,

雨が降ると一番上の薪が濡れてしまいました。

そこで,棚を作って一番下の薪を浮かせて,屋根もつけて,風を通りやすくして,早く乾燥させることにしました。
 

私が住んでいるさいたま市で,この薪棚のサイズでちょうど1シーズン分です。
生木は2年間乾かす必要があるので,このサイズの薪棚がもう一つ必要です。

薪棚図面1 
薪棚図面2 

単管パイプで作ることにしました。

屋根はポリカーボネイド波板。

材料費は,約7万円。

屋根に勾配をつけるために,自在クランプで固定した単管パイプの上に垂木を載せることにしました。

薪棚づくり01


薪棚縦材 

縦材の単管パイプを先に組み立てました。
六角レンチで金具を固定します。

薪棚づくり02


薪棚横材 

横材をつなげて薪棚のフレームができました。

taruki 
垂木はプレート金具でつなぎました。


薪棚づくり03  


薪棚屋根 

屋根材を乗せて完成です。
ポリカ波板は,量販店で切ってもらいました。


ここに長さ約50cmに切った薪材を積みます。


薪棚完成 

2015-2016年シーズン用の薪を積みました。

よく乾きそうです。
薪材は,8割がケヤキ,残りがシラカシ,サクラ。
コナラやクヌギが薪材には最適ですが,ケヤキ,サクラ,シラカシでも問題ありません。
スギ,イチョウ,キリはあまり火力がありませんでした。

【反省点】縦材単管パイプの柱間隔を3mにしましたが,割ったばかりの薪材は水分を含んでいるのでかなりの重量があります。横材の単管パイプの中央が薪材の重みでしなっていまいました。

縦材単管パイプの柱間隔は1.5m程度が適切だったと思いました。
薪材を積んだ後なので,作り直すとしたら2年後かな。


スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

tag : 薪ストーブ

薪ストーブシーズン前後にAURO床ワックス

 ワックスがけ前 

そろそろ薪ストーブのシーズンが始まります。

薪ストーブシーズン前後に必ずやることがあります。

それは網戸洗い・窓ふき・床のワックスがけ。

例年5月と11月の天気のいい日に大掃除となります。 

auro 

使うのはAURO


ワックスがけ準備 

ぬるま湯1リットルにAUROキャップ3杯

2012kaisi 


今年の焚きはじめは11月5日,例年より2週間ほど早かった。


薪ストーブ:2013~2014年用の薪

2013年用薪積上げ 


翌々シーズンの薪の仕込みが終わりました.

今回は生木を約55cmに切ってから半裁しました.

入手した原木は,ケヤキが7割,サクラが2割,残りの1割は何の木か不明です.

 

20112012年シーズンは寒かったので,今シーズン使う予定だった薪をすべて使ってしまい,来シーズン用の薪も一部使ってしまいました.

tag : 薪ストーブ

薪ストーブ:灰の管理

灰受け皿 

灰受け皿にたまった灰を二重底の第1灰入れバケツに移します.

灰受け皿に落ちた灰の中には,まだ熱い熾きが混じっていることがあるので二重底のバケツが安心です.

一日中焚き続けるような寒い日は,毎朝,灰を取り出すことになります.


灰バケツ 

二重底灰入れバケツがいっぱいになったら,第2灰バケツに移し替えます.

移し替えた灰を入れた第2灰バケツは,最低1週間そのまま屋外で放置し,灰の中に混じっているかもしれない熾きを完全に冷却します.


灰袋詰め 

1週間以上放置した第2バケツの灰を袋に詰めます.

灰袋 


きれいに焚いた薪の灰は,白くて細かい灰になります.

家庭菜園


灰は,家庭菜園で活用します.

薪50日後


焚きはじめから50日後(2012.01.04
ピンクの部分の薪を使いました.


薪80日後 


焚きはじめから80日後(2012.0204
急に冷え込んだので,薪の使用量が一気に増えました.
今シーズン中にここにある薪は全部使い切るでしょう.

来シーズン分の薪は別の場所に保管しています.
また,薪小屋には雨天用の薪を保管しています.

薪小屋

現在,2年後の薪の仕込みに取りかかっています.


2013年度用の薪

灰の処理をまとめると次のようになります.
労力は掛かりますが捨てるものは何もありません.


灰処理の流れ

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 薪ストーブ

薪ストーブ:焚きつけと温度管理

雑木林 

■焚きつけ

薪を焚くには焚きつけ用の小枝が必要になります.

そこで,柴刈をしています.

「おじいさんは山に柴刈にでかけました」という昔話に出てくるあれです.

柴刈とは,たきぎに使う雑木の小枝を集めることです.

芝刈ではありません.

 

近所の雑木林のオーナーの承諾を得て,林床に落ちている枝を集めています.

雑木林のオーナーも「林の掃除になって助かっているよ」とありがたいお言葉.

さいたまでは,台地と低地の境に斜面林が残っています.

斜面林がいつのまにか住宅地になってしまう傾向にあります.
残念なことです.

私が住んでいるさいたまの台地では,以前はどの方向を見ても背景に斜面林がありました.

斜面林はこの地域の風景の骨格でした.

斜面林の切り通しの道を下りると田んぼ.

台地から見ると境界が斜面林.田んぼから台地方向を見ると斜面林.

斜面林は台地と低地の景観をつなぐ役割を担っています.

田んぼは,縄文時代には外は浅い海でした.

氷河期に海水面が下がり,河川が大地を削っていました.

氷河期が終わって海水面が上昇すると削られたV字谷は海になったのです.

やがて,少しずつ上流から土砂が堆積して現在の姿になったわけです.

 

関東平野を東西に走る武蔵野線などの車窓から見ると,台地・斜面林・田んぼ・川・田んぼ・斜面林・台地と,台地と低地が交互に繰り返されるのがよくわかります.

都市化が進んでいなければ,台地と低地の間には斜面林があるはずです.

 

現在の田んぼがかつて本当に海だったという証拠に,斜面林の近くに貝塚がよくあります.

こどものころ貝塚とは知らずに掘ってみると赤貝や割れた土器がでてきました.

そのころはどんな風景が広がっていたのか見てみたいです.

そんな雑木林の林床に落ちている小枝は焚きつけに適しています




柴刈

 

これが割った針葉樹,造園業者から分けてもらったサクラの小枝,雑木林の林床から集めた柴です,焚きつけ用セットです.これに新聞紙を加えればいいのです.

 

薪ストーブユーザー,造園会社,雑木林のオーナーがうまく連携すれば,雑木林の健全性を保つことができるはずです.

 

 

■温度管理

 

いよいよ焚きつけです.


焚き始め 

新聞紙を軽く丸めます.

新聞紙は小枝に火がつきやすくするために使うので,新聞紙をかたく丸める必要はありません.新聞紙の上に柴と小枝を乗せ,細い薪を積み上げ,一番上に太い薪を置きます.

かなりぎっしり積み上げた方がいいです.

火をつけた後,火力が弱いと小枝に燃え移っても炎がだんだん小さくなってしまうことがあるからです.

焚きつけは一気に燃やした方が効果的です.

慣れてくればマッチ1本で着火完了となります.


薪ストーブ着火 

うまく着火するとゴーという大きな音がします.

そのままダンパーを開いたまま約20分,薪ストーブの天板あるプローブ温度計が約400℃近くまで上がるのを待ちます.

プローブ温度計400 

ローブ温度計の針の角度が 時計の短い針が10時から11時を指しているくらいだと覚えればいいと思います.

火力が弱くなりそうだったら途中で薪を追加投入します.

この時はもう太い薪で大丈夫です.

この温度に上がる前にダンパーを閉めてしまうと,煙突から臭い煙が出てご近所に迷惑をかけてしますことがあります.


高温で焚けば煙突から煙はほとんど出ません.
温度計が400度を指しているのに煙突から煙が出ていたら,次のことを試してみてください.


1.ダンパーを開いてもう少し温度を上げてからダンパーを閉めなおす
2.火かき棒で熾きをかいて空気の流れをよくしてみる
3.薪をバッテンのように組み直しす


また,低い温度で焚き続けると,煙突の内側にタールが付着します.
煙突をノックするように叩いて鈍い音がしたらタールが付着しています。
上手に焚けばシーズン終わりでも,煙突をノックすると軽い音が響きます。
薪ストーブを焚いているときに煙突をノックすると火傷しますから気をつけましょう。
薪ストーブ前面のガラスにもタールが付着して中が見えなくなります.

高温で焚き続ければ前面ガラスが汚れることはありません

 

実は,最初のシーズンに大失敗しました.取扱説明書に記載されている「薪ストーブの火室内の温度は190330℃にすること」という温度が薪スト―ブ天板にあるプローブ温度計の温度だと勘違いしてずっと低温で焚き続けてしまいました.

前面ガラスはタールで真っ黒になるし,煙突にもタールがこびりつき,煙突から臭い煙は出るし大変でした.

天板のプローブ温度計は,火室内の温度ではなく三次燃焼室(キャタリティック・コンバスターの上部)の温度でした.

真冬ではこのプローブ温度計が700℃くらいでちょうど快適になることがあとでわかりました.

時計の短い針が2時を指しているくらいです.

プローブ温度計700 

ダンパーを閉めるタイミングが焚きはじめてから天板の温度計が400度,ダンパーを閉めてからの天板の温度は500700℃くらいにするのがポイントです

 

 

私は毎朝4時半に起きますので夜22時くらいに就寝します.

薪ストーブを焚くのも22時までです.焚きっぱなしでそのまま寝てしまいます.

翌朝になるとさすがに薪ストーブの火は燃えていませんが,部屋の中に暖かさが残っています.薪ストーブはゆっくり暖まる分,冷めにくいからです.

 

翌朝,熾きが残っていますのでダンパーを開いて小枝を入れるだけですぐに火が付きます.

 


薪ストーブ熾き 
翌朝の薪ストーブのなかの状態

 

新聞紙とマッチはもう不要です.

焚きつけ用の小枝を入れて,もう一度,プローブ温度計が400度近くまで上がるのを待てばいいのです.

熾き火に小枝を入れる前が灰を取り出すいい機会になります.

薪ストーブが盛んに燃えている状態で灰を取り出すのは危険だからです.

 

次回は灰の管理についてお話します.


 

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 薪ストーブ

薪ストーブ:薪づくりは2年前から準備する

薪  

薪ストーブには当たり前ですが薪が必要です.

薪ストーブを始めたシーズンは,薪を買うことにしました.

いまから40年ほど前には,近所の燃料店で薪を売っていたのを思い出して,そのお店に電話してみたらさすがにもう扱っていないとのこと.

いろいろ調べたら野田市の燃料店で扱っていました.

年間どれぐらい使うかさっぱりわからなかったので,とりあえず50束だけ買ってみました.

乾燥した上等な楢でした.送料込みで27,500円ひと束換算で550円.ところが50束なんてすぐに無くなっていまいました.

結局,最初のシーズンは300束くらい使ったと思います.165千円の出費です.

 

これは大変なことになったと,翌シーズンからはどこかに安価な薪はないかと探しました.

薪ストーブの購入した代理店の郡山営業所で楢薪がひと束330円,雑薪がひと束250円で入手できることが分かり,知り合いのトラックを借りて300束買いに行きました.

それでも8万円プラス高速道路代の出費.これでもやはり高い.

 

3シーズン目を向けたころ,なんとかならないかと思いつつ,週末の朝,父と散歩に出かけたら,散歩コース沿いにある造園会社の作業場に剪定した樹木が積んでありました.

分けてもらえないかと交渉してみたところ,「好きなだけ持っていっていいよ」とのこと.

社長がお酒好きだとわかったので日本酒2本でひと冬分の薪の原木を分けてもらうことができました.

ただ,伐採したばかりの枝は,生木ですからすぐには薪として使えません.

生木が薪になるには2年かかると後で知りました.

結局,3シーズン目と4シーズン目は郡山までまた薪を買いに行きました.

 

5シーズン目.2年前に仕込んだ生木がようやく乾燥薪として使える時がやってきました.

 

その時の記録がありましたので紹介しましょう



原木  

造園会社の作業場にある伐採した樹木です, けっこう太い材があります.

薪運び

軽トラックで原木を運びました.

できれば11月に入り落葉樹が葉を落としたころが原木を集めるのに適した時期になります.

樹木の水分が減るから原木が早く乾燥するからです.

いわゆる薪炭林といわれるコナラやクヌギが手に入れば火持ちが良く最高ですが,そう都合よくコナラやクヌギが手に入るわけではありません.

いろいろ試してみいましたが,造園屋さんが剪定する街路樹のケヤキ・サクラでも十分な火力があることがわかりました.

残念ながらスギなどの針葉樹はすぐに燃え尽きてしまい薪には適していません.

針葉樹は,焚きつけ用に使います.

 

今回はケヤキをもらってきました.


玉切り 


次に原木のケヤキを薪の長さに切ります.

これを玉切りといいます.

薪ストーブがフェデラルコンベクションヒーター・ラージFA265なので,
ここでは約50cmの長さにしています.

チェーンソーや電動のこぎりで怖い思いをしたことがあるので電動のこぎりばさみをつかっています.父がはりきって原木を切っています.


薪割り 

玉切りが終わるといよいよ薪割りに移ります.

電動油圧式薪割り機を使うとおもしろいように割れます.

以前は斧で割っていたのですが,肩と腰を痛めてしまったので機械に頼ることにしました.

薪割り機は,破砕力4トン.ネット通販で約3万円程度で入手しました.

よく働いてくれます.

生木だと簡単に割れますが,乾燥してしまうと薪割木でも割りにくくなります。
コナラやサクラはきれいに割れます。
ケヤキは割った面がきれいにならない時があるので,積むときにちょっと工夫が必要になります。


生木 

半裁したばかりの原木は生木なので湿っていてずっしり重い.


積み上げた薪 

半割りした原木を積み上げて2年間屋外で乾かします.高さ2m幅8mの量で1シーズン分です.全体量は,写真の約2倍あります.

2年後の薪 

2年後の薪です.十分乾燥して軽くなっています.

これで造園業者からもらってきた原木が2年後にようやく薪になりました.

次回は,焚きつけについてお話します.





テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

薪ストーブの暖かさはやわらかい

今日は,薪ストーブの話をしましょう.


woodstove.jpg 

20数年前,クロスカントリースキーをするために裏磐梯のペンションに泊まったとき,薪ストーブに出会い,そのやわらかな暖かさに感激しました.
いつか薪ストーブを導入してみたいなと思い続けていました.
2004年に自宅を改築する機会に,暖房は薪ストーブにすることにしました.

 

今年も薪ストーブのシーズンを迎えました.
今年は1116日が焚きはじめとなりました.

 

薪ストーブは,薪が燃えるとき二酸化炭素を放出しますが,この二酸化炭素は樹木が生長するときに取り入れた二酸化炭素なので,差引ゼロで地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の増加にはカウントされません.
これをカーボンニュートラルといいます.

 

薪ストーブはすぐに暖まらないという弱点がありますが,一度ストーブの温度が上がると柔らかな暖かみが長い時間続きます.


そして何よりも火を見ていると落ち着きます.
停電で暖房が止まる心配もありません.


でも,薪づくり,温度管理,灰の処理,煙突掃除,シーズンオフのメンテナンスなど管理は大変です.

 

次回は,薪づくりの話をします.


プロフィール/Profile

小川総一郎 / Soichiro Ogawa

Author:小川総一郎 / Soichiro Ogawa
エコロジカル・ランドスケープの世界へようこそ!

水彩画は,毎月第一土曜日に更新します。

小川総一郎の本/Publications by Soichiro
【児童書】ふたつの国の物語-土木のおはなし- 2014.3 理工図書// 何不自由なく暮らしていたシブの国にも悩みがありました。若者の土木離れです。そんな時アトの国からたくさんの若者がやってきて言いました。 「私たちに土木を手伝させてください」と。 これは大助かりです。ところが……。
ふたつの国の物語 
エコロジカル・ランドスケープというデザイン手法 
景観デザイン
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はこちらから/Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Special Links
検索フォーム
リンク/Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。